シリアスアニメで鬱気分

シリアスはアニメと言えば。。僕の中で真っ先に思い浮かぶのは、「School days」ですかね。まあシリアス界の王道といいますか、どっちかって言うと鬱アニメ、グロアニメのジャンルにもなりますが。。本当に救いようのない展開で、見てるとこっちが陰鬱としてきます。まあ悪い意味ではなくて、それだけあるジャンルで何年も語り継がれるくらいの作品だという意味で、褒めているつもりです。他にも「ぼくらの」とか「なるたる」なんかもシリアス(というかこれも鬱)ですね。ぼくらのはだいぶ昔に見たのであまり内容は覚えていませんが、OPが特徴的で替え歌みたいなのもニコニコで流行っていたので覚えています。あとシリアス系といったら「ひぐらしの鳴く頃に」シリーズは有名でしょうか。あれはホラーも入っていますが、徐々に謎が明かされていくミステリー要素もあって、個人的には最初から最後まで楽しめた名作だと思います。ゲームが原作で、原作者はたった一人であれを作り上げたというのですから、ものすごい才能ですよね。ただ、あのあとの「うみねこのなく頃に」はあまり良くわからず「???」でしたね。ひぐらしは最近また新しいシリーズもアニメ放送されたというので、まだチェックしていない人は是非見てみてくださいね(かくいう僕もまだチェックできていないので。。。

ルバートアンドコー 財布

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です